Vベルトって何?エンジン動力を伝達する重要な役割と仕組みを解説!

Vベルトってなに?聴き慣れない・何をしているのかわからない方も多いでしょう。ですが、車を快適・安全に使用する為に欠かせない重要部品で、定期交換が必要です。車にはいろいろな機能(「発電」「エアコン」など)がついていますが、それらは、エンジン動力によって動いています。Vベルトは、エンジン動力をそれら部品に伝達する役割を担っているのです。ベルトはゴム製ですので、定期的なメンテナンスと交換が必要です。そんなVベルトについて、ベルトの役割、種類、エンジン動力を伝達する仕組み、寿命、交換方法などをまとめました。

エンジン動力を伝達するVベルト

自動車には、エンジンの動力を利用することで動く構成部品が多数付いています。例えば、カーエアコン、バッテリーを充電する電力を発電するオルタネーター・ダイナモ(発電機)、オーバーヒート防止の為の冷却水を循環させるポンプ等です。これらの「部品・機器」と「エンジン」を繋いで動力を伝達しているのが「Vベルト」です。Vベルトにより、エンジンが回転した時に、これらの機器も一緒に回るようになります。

「エンジンからの動力を伝達する役目」、それがベルトの役割となります。

Vベルトの設置場所:エンジンとプーリー

Vベルトは、エンジンに付随する「プーリー」と呼ばれる部品を介して、エンジン動力を伝達しています。図で見ると分かりやすいでしょう。

image8231

プーリーは円形で回転するようになっています。プーリーには、ベルトをハメる為の溝があり、この溝がベルトをガッチリと掴むことで、エンジンの動力を確りと伝達することが出来ます。

断面形状が異なる2種類のVベルト

このプーリーの溝は「2種類」あります。形が異なる溝に、ベルトをカチッとはめる必要がありますので、必然的にベルトの種類も2種類存在します。2種類のベルトの違いは断面形状です。

  1. Vベルト:断面が台形
  2. Vリブドベルト:断面がギザギザ

プーリーとの「接地面積を広く取る」ために、台形やギザギザの構造になっています。これにより、大きな摩擦力を生まれ、ベルトがプーリー上を滑ることなく確実にエンジン動力を伝えることが出来るのです。

それぞれの溝の形を図(左:Vベルト、右:Vリブベルト)で見てみましょう。

---2-1

近年の車に使用されているのは「Vリブベルト」

絵で見れば明らかな通り、「Vリブドベルト」の方が、プーリーとの接地面積がギザギザで広く、グリップ力が優れています。つまり、通常のVベルトよりもスリップしにくい構造になっています。また「リブ構造(凹凸形状)」になっていますので、ベルトの強度や耐久性でもVリブドベルトが勝ります。

従い、近年の車に使用されているエンジンベルトは、このVリブドベルトが主流です。

勘違いしやすい「タイミングベルト」との違い3つ

よく勘違いが発生するのが「タイミングベルト」との違いです。異なる点は「役割」「取付場所」と「形状」の2つです。

違い1. 役割

タイミングベルトは、エンジンの内部の重要部品「カムシャフト」を駆動させる役割を担います。Vベルトは、エンジン外部に付随するエアコンやオルタネーターなどの補機類を作動させる為に使用されています。

違い2. 取り付け場所:Vベルトは外部、タイミングベルトは内部

エンジンの内部部品「カムシャフト」を動かすタイミングベルトはエンジン「内部」についています。エンジンとは独立した部品(エアコン、オルタネーターなどの補機類)を作動させるVベルトは、エンジン「外部」についています。

違い3. ベルト形状の違い

カムシャフトをはめ込むプーリーは、ギヤ構造になっています。従い、タイミングベルトもギヤに噛み込むような構造になっているのが特徴です。タイミングベルトは、エンジンそのものを動かす為の必須部品です。タイミングベルトがスリップを起こすと、エンジンが壊れてしまう危険性があるため、タイミングベルトが絶対にスリップしないようにこの様な構造になっているのです。

対して、Vベルト(Vリブベルト)は、スリップを起こしても、エンジンに重大なダメージを与えることはありません。エンジン動力が伝わらなくなり、他の部品が動かなくなるだけです。

---3-1

消耗品のVベルト:5万キロが交換目安

ゴム製のVベルトは、その役割と装着場所がゆえに、1)エンジン熱による影響を受けており、2)回転時にベルトの伸び縮が繰り返されるため、劣化し、クラック・ヒビ割れなどが発生します。劣化が進むと発生する現象として「ベルト鳴き」があります。「キュルキュル音」「キーキー音」といった音が聞こえたら、必ずメカニックに車を点検してもらいましょう。

交換目安は5万キロ

Vベルトの寿命はおよそ6万~10万Kmほどと言われています。しかし、寿命まで使用を継続すると、様々な不具合が起こります。その為、一般的には「5万キロ」を目安に定期交換を行うことが大切です。

ベルトが切れると発生する不具合5つ

ベルトの劣化を放置し、寿命を迎えると、ゴム製のベルトは切れてしまいます。ベルトが切れると発生する車の不具合は6つです。

  1. エンジン停止
  2. オーバーヒート
  3. パワステが効かない
  4. エアコンが効かない
  5. 切れたベルトが他の部品を破損する

このような不具合が起きる前に確りと定期交換することが大切です。

ベルト鳴きは寿命のお知らせ

エンジンを掛けた時や交差点を曲がるときに「キュルキュル」や「キー」っとなるベルト鳴き。これはベルトに寿命が近づいている合図となります。切れてしまうとトラブルが発生しますので、必ずベルトを点検・交換しましょう。もちろん、ベルト鳴きが聞こえる前に、定期交換をすることがベストです。

交換費用:5,000-15,000円、作業時間:30分-1時間

Vベルトの交換費用は「5千円から1万5千円」、作業時間は「30分から1時間」とな流のが一般的です。値段に幅があるのは、車種によってベルトの本数や、エンジン周辺の構造が異なり、作業工程が変わるためです。

Vベルトの「寿命」「交換時期」「切れると発生する車の故障5つ詳細」「交換費用」「交換作業の注意点」などの詳細については以下記事をご参照下さい。

自動車整備産業を盛り上げる情報メディア

https://seibii.co.jp/blog/contents/v-belt-lifespan-change-expense/#5-6-10

【PR】 Vベルト交換なら出張整備のSeibi

最後に宣伝です。Seibii(セイビー )では、国家資格を有する整備士・メカニックがお客様のご自宅や職場の駐車場にお伺いし、その場でお車の整備、修理、パーツ取り付けを行います。

国産車から外国車・輸入車、クラシックカーまで対応可能な経験豊富なメカニックが沢山在籍しており、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレーなどの高級輸入車も多数対応させて頂いております。

お車へのドライブレコーダー、ETC、カーナビといった取り付けから、車の故障診断、バッテリー上がり、バッテリー交換、窓ガラスの油膜取りと撥水加工コーティング、タイヤの付け替えと幅広く実施しています。

カー用品店やディーラーと往復する時間を省いて、お客様の趣味や家事などにご活用いただけます。
また、出張なのに、安価で、プロのメカニックが作業することから高品質のサービスを提供しております。

お客様からのレビュー・評価

お車のことで何かありましたら、是非、お気軽にご連絡ください!

整備士・整備工場の方々へ

また、一緒に働く整備士・メカニック、整備工場やガレージ経営者の仲間も募集しています!
整備士の未来を作る! お気軽にご連絡ください!