【おすすめランキング】後付け急発進抑制・アクセル ブレーキ踏み間違え防止装置 - 全7商品徹底比較

社会課題を解決【後付け】アクセル ブレーキ踏み間違い防止・急発進抑制装置

高齢者ドライバーによる車のペダル(ブレーキ・アクセル)踏み間違いによる事故がニュースで報じられることが増えています。重大な事故に至ったケースも多く、社会問題の1つです。

免許証を返納できない事情もある

高齢者が自主的に免許証を返納することも増えていますが、様々な事情で、返納に躊躇される高齢ドライバーもたくさんいらっしゃいます。

そのような事故を減らすべく、各自動車メーカーから「対歩行者衝突被害軽減ブレーキ」や「ペダル踏み間違い急発進抑制装置を搭載する車」を搭載した車(安全サポートカー)が販売されています。(参考:経済産業省:サポカー補助金の対象車種

とは言え「車の買い替え」は大きな出費を伴い、簡単に決断できることではありません。

お財布にも安全にもgoodな後付け急発進等抑制防止装置(アクセル・ブレーキ踏み間違い装置)

そこで、様々なメーカーが「後付け」の「急発進等抑制防止装置(アクセル・ブレーキ踏み間違い装置)」を開発・製造し、販売を伸ばしています。

いずれも「加速を抑制」する装置で、「自動で停止する機能」はありません。

国からの補助金:サポカー補助金

国として、「安全サポートカー」や「後付け装置」の普及を後押しするべく、国が認定した製品に限り、補助金を出しています。

制度の概要については

【補助金でます】 アクセル ブレーキ踏み間違い防止・急発進抑制装置

増加する車のペダル(ブレーキ・アクセル)踏み間違いによる事故。この社会課題を解決する「後付け急発進抑制・ペダル踏み間違い装置」や「安全運転サポート車」が販売され始めました。国として、普及を後押しするべく、それらの購入に対する補助金交付(サポカー補助金)が2020年3月9日購入分から開始されています(予算消化次第終了)。この記事では、補助金を受ける為の条件などについて纏めました。

https://seibii.co.jp/blog/contents/summary-of-subsidies-of-support-car/

をご参照ください。

【祖父母や両親へのプレゼント】 認定対象商品を選ぼう!

おじいちゃん、おばあちゃん、あるいは実家のご両親に、免許返納して欲しいが「車が無いと生活に困るから仕方な」「説得に応じてくれない」などの悩みを持つ方も多いでしょう。

そんな祖父母やご両親に「後付け:急発進等抑制装置」をプレゼントされてはいかがでしょうか?父の日や母の日、敬老の日などのプレゼントにピッタリでしょう。

国土交通省の認定製品

様々な急発進等抑制防止装置(アクセル・ブレーキ踏み間違い装置)が販売されていますが、国土交通省の認定対象商品がオススメです。国交省が定めた機能を有すると認定された製品で、上述の「国からの補助金」を受けて安価に購入・取り付けを行うことができます。

以下で認定製品全7品番の紹介をしていきます。

補助金を受ける条件などについては

【補助金でます】 アクセル ブレーキ踏み間違い防止・急発進抑制装置

増加する車のペダル(ブレーキ・アクセル)踏み間違いによる事故。この社会課題を解決する「後付け急発進抑制・ペダル踏み間違い装置」や「安全運転サポート車」が販売され始めました。国として、普及を後押しするべく、それらの購入に対する補助金交付(サポカー補助金)が2020年3月9日購入分から開始されています(予算消化次第終了)。この記事では、補助金を受ける為の条件などについて纏めました。

https://seibii.co.jp/blog/contents/summary-of-subsidies-of-support-car/

をご参照ください。

Amazonや楽天では買えない認定対象商品

Amazonや楽天で販売されている「後付け」の「急発進等抑制防止装置(アクセル・ブレーキ踏み間違い装置)」がありますが、これらは国土交通省の認定製品ではありません。

補助金の対象となる認定製品は、国から認定を受けた販売・取り付け業者からのみ購入することができます。これは、製品品質は当然ながら、「取り付け」まで正しく確りと対応する必要がある製品だからです。

選び方の基準 : 価格、利便性、汎用性

ここからはオススメ順に製品を紹介します。ランキングを作るにあたり評価した要素は以下の3点です。

  1. 価格
  2. 利便性
  3. 汎用性

いずれも国が認定した製品ですので「製品品質」は全て担保されていることを前提にしています。

評価ポイント1. 価格

最新安全装置が備わっている車を買うには予算が厳しい。そんな方の為の後付け装置ですから、価格がお手頃でないと、買う意欲が減りますね。

評価ポイント2. 利便性

購入・取り付けの利便性です。取扱店舗が限られていたり、取り付け方法が柔軟でないと、製品を購入するのが煩わしいですね。

評価ポイント3. 汎用性

対応車種が限られていると、自分の車が対象なのか、調べるのも大変。時間を無駄にしてしまいます。

【オススメ第1位】 アクセル見守り隊

【評価】 15点(15点満点)

  • 価格:5点(5点満点)
  • 利便性:5点(5点満点)
  • 汎用性:5点(5点満点)

価格はお手頃、機能十分、対象車種も幅広く、カー用品点や整備工場、ご自宅に出張で取り付けてくれるSeibii(セイビー )が販売・取り付けを実施しているなど、利便性が高い。

製品特徴

機能

  • 「前進・後退」「障害物ある・なし」を問わない
  • 発進時または時速10km以下である状況にて、アクセルを踏み込みんだ場合に作動し、加速を抑制
  • コントロールスイッチのランプの点滅とブザーで作動中であることを警告

対象車種

  • 国産車200車種以上

製造メーカー

販売・取り付け店

費用(税込み)

  • 合計:44,00円(商品代+工賃) ※Seibiiの場合「出張費込み」
  • 補助金適用後合計:22,000円(

    【補助金でます】 アクセル ブレーキ踏み間違い防止・急発進抑制装置

    増加する車のペダル(ブレーキ・アクセル)踏み間違いによる事故。この社会課題を解決する「後付け急発進抑制・ペダル踏み間違い装置」や「安全運転サポート車」が販売され始めました。国として、普及を後押しするべく、それらの購入に対する補助金交付(サポカー補助金)が2020年3月9日購入分から開始されています(予算消化次第終了)。この記事では、補助金を受ける為の条件などについて纏めました。

    https://seibii.co.jp/blog/contents/summary-of-subsidies-of-support-car/

    を満たした場合のみ)

補助金

  • 「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」に分類され「障害物検知機能が無い」製品であることから2万円

【オススメ第2位】 S-DRIVE 誤発進防止システム2

【評価】 13点(15点満点)

  • 価格:5点(5点満点)
  • 利便性:4点(5点満点)
  • 汎用性:4点(5点満点)

価格はお手頃、機能十分、対象車種はそこそこ、カー用品点や整備工場で購入販売可能。ご自宅での出張取り付けは不可。

製品特徴

機能

  • (発進時or加速時)時速8km以下、(減速時)時速16km以下のときにアクセルを踏んだときに作動
  • アクセル信号がキャンセルされアイドリング状態となり、加速が抑制される
  • 表示機によるランプとブザーで作動中であることを警告

対象車種

製造メーカー

販売・取り付け店

費用(税込み)

  • 商品代:33,000円
  • ハーネス代:車種によって変動
  • 取り付け工賃:約7,000円(車種によって変動。ここではおおよその金額を記載)
  • 合計:約40,000円
  • 補助金適用後合計:約20,000円(

    【補助金でます】 アクセル ブレーキ踏み間違い防止・急発進抑制装置

    増加する車のペダル(ブレーキ・アクセル)踏み間違いによる事故。この社会課題を解決する「後付け急発進抑制・ペダル踏み間違い装置」や「安全運転サポート車」が販売され始めました。国として、普及を後押しするべく、それらの購入に対する補助金交付(サポカー補助金)が2020年3月9日購入分から開始されています(予算消化次第終了)。この記事では、補助金を受ける為の条件などについて纏めました。

    https://seibii.co.jp/blog/contents/summary-of-subsidies-of-support-car/

    を満たした場合のみ)

補助金

「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」に分類され「障害物検知機能が無い」製品であることから2万円

【オススメ第3位】 ペダルの見張り番2

【評価】 13点(15点満点)

  • 価格:5点(5点満点)
  • 利便性:3点(5点満点)
  • 汎用性:5点(5点満点)

価格はお手頃、機能十分、対象車種も幅広いが、販売・取り付けはオートバックスのみと利便性に欠ける。

製品特徴

機能

  • 「前進・後退」「障害物ある・なし」を問わない
  • 発進時または時速10km以下である状況にて、アクセルを踏み込みんだ場合に作動し、加速を抑制
  • コントロールスイッチのランプの点滅とブザーで作動中であることを警告

対象車種

  • 国産車200車種以上

製造メーカー

販売・取り付け店

- オートバックス

費用(税込み)

  • 合計:44,00円(商品代+工賃)
  • 補助金適用後合計:22,000円(

    【補助金でます】 アクセル ブレーキ踏み間違い防止・急発進抑制装置

    増加する車のペダル(ブレーキ・アクセル)踏み間違いによる事故。この社会課題を解決する「後付け急発進抑制・ペダル踏み間違い装置」や「安全運転サポート車」が販売され始めました。国として、普及を後押しするべく、それらの購入に対する補助金交付(サポカー補助金)が2020年3月9日購入分から開始されています(予算消化次第終了)。この記事では、補助金を受ける為の条件などについて纏めました。

    https://seibii.co.jp/blog/contents/summary-of-subsidies-of-support-car/

    を満たした場合のみ)

補助金

  • 「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」に分類され「障害物検知機能が無い」製品であることから2万円

【オススメ第4位】 踏み間違い加速抑制システム

【評価】 10点(15点満点)

  • 価格:3点(5点満点)
  • 利便性:4点(5点満点)
  • 汎用性:3点(5点満点)

価格は高め、機能十分、対象車種は一部トヨタ車のみ。トヨタ系正規ディーラーのみで購入販売可能。ご自宅での出張取り付けは不可。

製品特徴

機能1. 障害物検知

  • 前2つ、後2つ、計4つの超音波センサーが障害物(ガラスも含む)を検知
  • 障害物検知をするとブザーで警告
  • それでも間違ってアクセルを踏込んだ場合に「加速を抑制」

機能2. 障害物がない後退時

  • 後退時に時速約5km以上でのアクセルの踏み込みや、アクセルを踏み込んだまま時速約5km以上になった時に「加速を抑制」

対象車種

  • トヨタ車のみ
  • 対応車種はトヨタHPを参照

製造メーカー

販売・取り付け店

  • トヨタ系の正規ディーラーでのみ販売

費用(税込み)

  • 商品代:56,100円
  • 取り付け工賃:37,800円(※プリウスの場合の料金で、車種により異なる)
  • 小計:93,900円
  • 補助金:40,000円(

    【補助金でます】 アクセル ブレーキ踏み間違い防止・急発進抑制装置

    増加する車のペダル(ブレーキ・アクセル)踏み間違いによる事故。この社会課題を解決する「後付け急発進抑制・ペダル踏み間違い装置」や「安全運転サポート車」が販売され始めました。国として、普及を後押しするべく、それらの購入に対する補助金交付(サポカー補助金)が2020年3月9日購入分から開始されています(予算消化次第終了)。この記事では、補助金を受ける為の条件などについて纏めました。

    https://seibii.co.jp/blog/contents/summary-of-subsidies-of-support-car/

    を満たした場合のみ)
  • 合計:53,900円

補助金

「障害物検知機能付きペダル踏み間違い急発進等抑制装置」に分類されることから、補助金4万円

【オススメ第5位】 つくつく防止

【評価】 8点(15点満点)

  • 価格:3点(5点満点)
  • 利便性:3点(5点満点)
  • 汎用性:2点(5点満点)

価格は高め、機能十分、対象車種は一部ダイハツ車のみ。ダイハツ系正規ディーラーのみで購入販売可能。ご自宅での出張取り付けは不可。

製品特徴

機能. 障害物検知

  • 前2つ、後2つ、計4つのソナーが3メートル以内の障害物を検知
  • 1)時速10kmで、2)3メートル以内に障害物を検知し、3)アクセルペダルを強く踏み込むと、約8秒間エンジン出力を抑え、ゆっくり進む(ブザーが鳴る)

製造メーカー

対象車種

  • ダイハツ車のみ
  • 具体的な車種はダイハツHPをご参照ください。

販売・取り付け店

  • ダイハツ系の正規ディーラーでのみ販売

費用(税込み)

  • 商品代:35,200円
  • 取り付け工賃:25,410円
  • 小計: 60,610円
  • 補助金:40,000円(

    【補助金でます】 アクセル ブレーキ踏み間違い防止・急発進抑制装置

    増加する車のペダル(ブレーキ・アクセル)踏み間違いによる事故。この社会課題を解決する「後付け急発進抑制・ペダル踏み間違い装置」や「安全運転サポート車」が販売され始めました。国として、普及を後押しするべく、それらの購入に対する補助金交付(サポカー補助金)が2020年3月9日購入分から開始されています(予算消化次第終了)。この記事では、補助金を受ける為の条件などについて纏めました。

    https://seibii.co.jp/blog/contents/summary-of-subsidies-of-support-car/

    を満たした場合のみ)
  • 合計:20,610円

補助金

「障害物検知機能付きペダル踏み間違い急発進等抑制装置」に分類されることから、4万円の補助金が出ます。

【オススメ第6位】 JARWA_S-DRIVE

【評価】 7点(15点満点)

  • 価格:3点(5点満点)
  • 利便性:2点(5点満点)
  • 汎用性:2点(5点満点)

価格は若干高め、機能十分、対象車種が不明(個別都度問い合わせの必要あり、全国の整備工場でのみ購入販売可能だが、対応可能整備工場を調べるのが大変。

製品特徴

機能

  • (発進時or加速時)時速8km以下、(減速時)時速16km以下のときにアクセルを踏んだときに作動
  • アクセル信号がキャンセルされアイドリング状態となり、加速が抑制される
  • 表示機によるランプとブザーで作動中であることを警告

製造メーカー

対象車種

  • 不明(個別に問い合わせる必要あり)

販売・取り付け店

  • 全国の整備工場が中心
  • カー用品店や出張取り付けサービスSeibiiの取扱無し
  • 最新対応店舗一覧

費用(税込み)

  • 合計:約60,000円(整備工場により値段が異なる)
  • 補助金:20,000円(

    【補助金でます】 アクセル ブレーキ踏み間違い防止・急発進抑制装置

    増加する車のペダル(ブレーキ・アクセル)踏み間違いによる事故。この社会課題を解決する「後付け急発進抑制・ペダル踏み間違い装置」や「安全運転サポート車」が販売され始めました。国として、普及を後押しするべく、それらの購入に対する補助金交付(サポカー補助金)が2020年3月9日購入分から開始されています(予算消化次第終了)。この記事では、補助金を受ける為の条件などについて纏めました。

    https://seibii.co.jp/blog/contents/summary-of-subsidies-of-support-car/

    を満たした場合のみ)
  • 合計:約40,000円

補助金

「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」に分類され「障害物検知機能が無い」製品であることから補助金2万円

【オススメ第7位】 ワンペダル

【評価】 4点(15点満点)

  • 価格:1点(5点満点)
  • 利便性:1点(5点満点)
  • 汎用性:2点(5点満点)

価格は若干高め、機能十分、対象車種が不明(個別都度問い合わせの必要あり、全国の整備工場でのみ購入販売可能だが、対応可能整備工場を調べるのが大変。

製品特徴

機能

  • その名の通り「アクセル」と「ブレーキ」を「1つのペダル」にする装置
  • 1つのペダルを踏み分けることでアクセルとブレーキを操作
  • ブレーキ:踏む
  • アクセル:足を横にずらす(踏み込まない)

製造メーカー

対象車種

販売・取り付け店

  • ナルセ機材のみ

  • 187,000 - 253,000円

  • 補助金:20,000円(

    【補助金でます】 アクセル ブレーキ踏み間違い防止・急発進抑制装置

    増加する車のペダル(ブレーキ・アクセル)踏み間違いによる事故。この社会課題を解決する「後付け急発進抑制・ペダル踏み間違い装置」や「安全運転サポート車」が販売され始めました。国として、普及を後押しするべく、それらの購入に対する補助金交付(サポカー補助金)が2020年3月9日購入分から開始されています(予算消化次第終了)。この記事では、補助金を受ける為の条件などについて纏めました。

    https://seibii.co.jp/blog/contents/summary-of-subsidies-of-support-car/

    を満たした場合のみ)

  • 167,000 - 233,000円

  • 詳細

補助金

ペダル踏み間違い急発進等抑制装置に分類され、障害物検知機能が無い製品であることから補助金:2万円