Tesla - タイヤのパンク修理

Tesla(テスラ)のタイヤ空気圧アラート

Teslaには「タイヤ空気圧監視システム (TPMS)」が装備されており、常時タイヤの空気圧が計測・表示されています。従い、空気圧の低下(または高過ぎ)等、不具合が検出されると、計器パネル上のインジケーター・タイヤ空気圧表示灯が点滅し、「タイヤの空気圧が低すぎます」といったアラートが表示されます。

テスラ-空気圧アラート

画像引用元:Emotionブログ

パンクと空気圧の関係

タイヤがパンクすると、空気が抜ける為、空気圧が低下します。しかし、短いビスなどがまっすぐに刺さった場合、穴は開いても綺麗い蓋されていることから、空気圧に影響が出ないことがあります。その場合、走っている最中の異音にて、パンクに気づくでしょう。

今回のお客様は、写真の通り、綺麗に釘が刺さっており、空気圧の大きな低下は見られませんでした。

テスラ_modelS_パンク修理_1

Tesla特有「ジャッキモード」

写真の通り、今回のパンクは「釘」が原因です。この程度であれば、タイヤ交換するまでもなく、修理可能です。

ジャッキアップの有無

パンク修理をする際、修理箇所によっては、車をジャッキアップし、タイヤを外さないと作業できない場合があります。

Teslaは、車を水平に保つ為の「セルフレベリング」が常に作動しており、ジャッキアップするとサイレン(警告)が鳴ってしまいます。従い、セルフレベリングモードをoffにする為に、ジャッキアップ前に「ジャッキモード」にする必要があります。

ジャッキアップモード

操作は簡単です。社内のタッチスクリーンを操作して「車高」->「ジャッキモード」とタッチするだけです。
すると、画面に「ジャッキモード」と表示されます。

Seibii_テスラ_パンク修理_ジャッキモード

計器パネルには「ジャッキモードが有効です」と表示されます。これで安心してジャッキアップしてパンク修理作業を実施できます。
Seibii_パンク修理_ジャッキモード_計器

パンク修理:通常車と同じ手順

無事にジャッキアップモードにしたら、後は一般の車と同様に修理をしていきます。

パンクの修理手順

  1. 釘の引き抜き
  2. 穴を広げる
  3. 修理剤の準備 & 注入
  4. 空気圧調整
  5. エア漏れ確認

順番に作業していきましょう。

ステップ1. 釘を抜く

誤って切断しないよう注意しながら、テコの原理で釘を引き抜きます。
テスラ_タイヤパンク修理_釘抜き

釘を抜くと、タイヤがしぼんでいきました。アクション映画で、体に刃物等が刺さり、抜いて初めて血が飛び出すシーンがありますが、それと原理は一緒です。

ステップ2. 穴を広げる

修理材を注入する為に、専用工具で穴を広げていきます。

テスラ_タイヤパンク修理_穴を広げる

ステップ3. 修理材準備 & 注入

修理剤は市販のもので十分に対応できます。様々な商品が販売されていますが、私たちプロのメカニックが使用している修理材はコチラです。

テスラ_タイヤパンク修理_注入

ステップ4. 空気圧調整

空気を入れていきます。
テスラ_タイヤパンク修理_釘抜き

ステップ5. エア漏れ確認

最後に修理箇所からエア漏れが無いか、確認します。パンク箇所に石鹸水などを塗ると、もしエア漏れがある場合はブクブクと泡が立つので確認し易くなります。

テスラ_タイヤパンク修理_エア漏れ確認

無事に出張でのパンク修理、完了しました。
テスラ_タイヤパンク修理

Tesla公式推奨:タイヤの定期メンテナンス

Teslaの公式マニュアルには以下の通り記載されています。

タイヤは 8000 km走行ごとにローテーションして(パフォーマンス プラス モデルは除く) 適正なタイ
ヤ空気圧を維持し、車両は走行期間12ヶ月または走行距離20,000kmのいずれかの条件に達するたび
にTesla の定期メンテナンスを受けてください。

タイヤの「ローテーション」「空気圧調整」については、以下記事をご参照ください。

  • タイヤローテーションの賢いやり方

    タイヤローテーションの基本から、無料でタイヤローテーションを行う方法を纏めました。

    https://seibii.co.jp/blog/contents/tire-rotation/

  • タイヤ空気圧調整の重要性と頻度

    1-2トンもの重さがある自動車を支えているのは、たった4本のタイヤです。自動車の整備には沢山のメニューがありますが、どれか1つだけを選べと言われたら、タイヤの整備を選びます。そして、その中でも、気軽に実施でき、且つ、重要なのが、タイヤ空気圧の点検と調整です。この記事では、タイヤの空気圧は、なぜ重要なのか、どれくらいの頻度で空気圧を調整するべきなのか、どこでできるのか、を解説します。

    https://seibii.co.jp/blog/contents/tire_pressure/

【参考】 タイヤのパンク原因、所要時間・費用、修理手順

タイヤのパンクに関連する以下の内容に関しては、別記事

車のタイヤパンク:原因と修理方法

お車のタイヤパンク。パンクの原因によって、修理が可能なものと、タイヤ交換が必須ものがあります。この記事では、パンクの種類、修理してくれる業者の紹介、かかる費用と所用時間の解説をし、出張タイヤパンク修理を行っているSeibiiのパンク修理手順を紹介します。

https://seibii.co.jp/blog/contents/how_to_fix_tire_puncture/

をご参照ください。

  1. パンクの原因
  2. パンク修理業者(店舗型と出張型)
  3. パンク修理の費用
  4. パンク修理所要時間
  5. 修理手順

最後に宣伝です。

Seibii(セイビー )では、国家資格を有する整備士・メカニックがお客様のご自宅や職場の駐車場にお伺いし、その場でお車の整備、修理、パーツ取り付けを行います。

お車へのドライブレコーダー、ETC、カーナビといった取り付けから、車の故障診断、バッテリー上がり、バッテリー交換、窓ガラスの油膜取りと撥水加工コーティング、タイヤの付け替えと幅広く実施しています。

◼️Seibiiの出張整備メニュー

カー用品店やディーラーと往復する時間を省いて、お客様の趣味や家事などにご活用いただけます。
また、出張なのに、安価で、プロのメカニックが作業することから高品質のサービスを提供しております。

◼️Seibiiをご利用頂いたお客様の評価と声
◼️SeibiiのGoogleレビュー
◼️ミツモアのSeibiiレビュー
◼️グーピットのSeibiiレビュー

お車のことで何かありましたら、是非、お気軽にご連絡ください!

また、一緒に働く整備士・メカニック、整備工場やガレージ経営者の仲間も募集しています!
整備士の未来を作る! お気軽にご連絡ください!

◼️整備士の方々へ