Seibiiマガジン

車に関するお役立ち情報をお届け!

車にまつわる様々な「こまった」をSeibiiマガジンがひとつひとつ丁寧に解決します。

セルモーターが空回りする原因とは?対処法と一緒に徹底解説

「セルモーターは動いているのにエンジンがかからない」「いつもと違う音がする」という経験がある方も多いのではないでしょうか。

その不調の原因は、セルモーターの空回りにあるかもしれません。

今回の記事ではセルモーターが空回りする原因と対処法についてご紹介します。

万が一エンジンがかからなくなってしまった時に落ち着いて対処できるよう参考にしてください。

セルモーターとは

セルモーターとは
ほとんどの車には「吸気」「圧縮」「膨張」「排気」の4つの工程を繰り返す4サイクルエンジンが搭載されています。

車が走っている間はこの工程を自動的に繰り返しますが、止まっている状態からエンジンを始動させるには、動き始めのきっかけとなる外からの力が必要です。

このきっかけを与えるのがセルモーターで、車に欠かせない部品のひとつですが、消耗部品のため摩耗や故障による不具合が発生しやすいとされています。

セルモーターが空回りする原因:クランキングしていない

セルモーターが空回りする原因:クランキングしていない

エンジンを始動させるためにキーを回したり、スタートボタンを押すと、電磁石を利用した「スターターリレー」からセルモーターに電流が流れ、回転を始めます。

その回転がエンジンの一部である「クランクシャフト」に取り付けられたギアに伝わり、エンジン始動に必要な力を与えます。

この一連の工程を「クランキング」と呼び、クランキングしていないと、動力がエンジンに伝わらないため始動ができません。

クランキングしない原因としては、動力を伝達する役割を担う部品の不具合が考えられます。

また気温が低く、セルモーターを動かすために必要なエネルギーを確保できない場合にも、空回りが起こることがあります。

対処法

セルモーター内部の部品に不具合が起きている場合は、交換や修理が必要となりますのでディーラーや整備工場で点検を受けてください。

ただし寒さが原因の可能性も考えられるため、エンジンがかからなくても数分おきに始動してみたり、車に乗る前に暖気をしてみたりすることで症状が改善するケースもあります。

セルモーターが空回りする原因:バッテリーの状態がよくない

セルモーターが空回りする原因:バッテリーの状態がよくない
セルモーターのトラブルでよく原因となるのがバッテリーです。

バッテリーが弱まっていたり状態が悪くなっていると、セルモーターが正常に動力をエンジンに伝えることができず、空回りしてしまうことがあります。

対処法

まずはウインカーやメーターの電気などが正常につくかどうかを確認してみてください。

こちらにも不具合が出ている場合はバッテリー上がりの可能性が高くなります。

バッテリー上がりの場合は、他の車から電気を分けてもらう「ジャンピングスタート」や、小型のバッテリーを外部から接続する「ジャンプスターター」でエンジンの始動が出来るかを試してみましょう。

ジャンピングスタートやジャンプスターターで一度エンジンがかかっても、エンジンを切ってしまうと再始動しない場合もありますので、そのまま点検や交換をするようにしてください。

セルモーターが空回りする原因:スターターピニオンが故障している

スターターピニオンとはセルモーターの内部に搭載されているパーツで、エンジンに動力を伝える結合部となる歯車状の部品です。

このスターターピニオンが錆び付いていたり、何らかのトラブルが発生しているとセルモーターが空回りする原因になります。

対処法

スターターピニオンに不具合が発生している場合、修理が必要となります。

サビや摩耗など劣化が原因の場合は早めにディーラーや整備工場で点検を受け、交換などの対処を行いましょう。

セルモーターが空回りする原因:ワンウェイクラッチの故障

ワンウェイクラッチとはセルモーターからの動力を一方向に伝えるための部品で、エンジンが始動した後にはセルモーターから伝わる動力を遮断する役割も担っています。

このワンウェイクラッチが摩耗していると、滑りや空回りの原因となります。

対処法

ワンウェイクラッチが摩耗したり不具合を起こしている場合部品の交換が必要です。

例えエンジンがかかったとしても、いつ動かなくなってしまうかが分かりませんので、早めに整備・点検を受けるようにしてください。

セルモーターが空回りする原因:プッシュスタートボタンの接触不良

セルモーターが空回りする原因:プッシュスタートボタンの接触不良
通常、車を始動させる際にはスタートボタンを押すことでバッテリーから始動に必要な動力をエンジンに伝えます。

セルモーターが空回りする場合は、このセルボタンとバッテリーを繋ぐ端子に汚れやほこりが溜まったり、不具合が起きている可能性が考えられます。

対処法

内部に汚れやほこりがたまると、通電が妨げられ必要な動力がエンジンに伝わらないため、エンジンが始動しなかったり、セルモーターが空回りしたりします。

まずは拭く上げるなど洗浄を試してみましょう。汚れを除去しても症状が改善されない場合は、部品交換が必要です。

早めに点検を受けるようにしてください。

セルモーターが空回りする原因:ブレーキスイッチの故障

セルモーターが空回りする原因:ブレーキスイッチの故障

ブレーキには、ペダルの踏み込みに合わせてブレーキランプを点けたり消したりする「ブレーキスイッチ」が搭載されています。

このブレーキスイッチはセルモーターへの通電の役割も担っているため、ブレーキスイッチが故障しているとセルが空回りし、エンジンが始動しません。

対処法

ブレーキスイッチが故障する原因の多くは、接触部の摩耗や断線が考えられます。

セルの空回りだけでなく、ブレーキランプが消えないという症状も出る可能性がありますので、早めに修理を依頼するようにしましょう。

セルモーターが空回りする原因:レギュレーターの故障

セルモーターが空回りする原因:レギュレーターの故障
レギュレーターはオルタネーターと呼ばれる発電機で発生させた電流を適切な電圧に制御し、電力供給をする部品です。

この部品はバッテリーの補助的な役割も担っており、レギュレーターに不具合が出ている場合、始動に必要な電流が流れず、エンジンがかからなかったり、セルモーターが空回りしてしまうことがあります。

対処法

セルモーターの空回り以外に、ヘッドライトや電装の明かりが安定しないなどの症状がある場合、レギュレータの故障が考えられます。

故障してしまった場合には部品の交換が必要で、放置するとバッテリーや電装系に負担がかかってしまうため、早めに対処するようにしましょう。

セルモーターの不具合なら出張整備がおすすめ

「エンジンがかかりにくい」「頻繁に空回りする」などセルモーターに異常を感じていても、なかなか修理に行く時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

またセルモーターの不具合だと「自宅駐車場から動けなくなってしまった」なんてことも多いと思います。

そんな方には、自宅まで整備士が出張して作業を行ってくれるSeibiiがおすすめです。

Seibiiなら車を預ける手間も引き取りに行く手間も省くことができますので、ぜひお気軽にご相談してみてくださいね。
https://seibii.co.jp/allmenues/starter_replace

まとめ

セルモーターの空回りと言っても原因は様々で、対処法も異なります。

万が一異音やトラブルが発生した場合は、ご紹介した不具合の原因や対処法をぜひ参考にしてください。

基本的にはセルモーター自体を交換するという方法にはなりますが、原因によってはセルモーター交換じゃないこともあるので、分からない場合は点検に行くなどしてみると良いと思います。

定期点検をご希望ですか?
Seibiiによる出張修理・出張整備でお金も時間も
節約しましょう!

Seibiiでプロに依頼する
チャットで相談