Seibiiマガジン

車に関するお役立ち情報をお届け!

車にまつわる様々な「こまった」をSeibiiマガジンがひとつひとつ丁寧に解決します。

セルモーターが回らないときの応急処置を解説!原因や確認すべき箇所、修理費用も紹介

車のエンジンがかからないとき、まずはバッテリー上がりが原因と考える人が多いと思いますが、バッテリーの充電をしても復旧しない場合はセルモーターが原因の可能性があります。

一般的な車は、4サイクルガソリンエンジンを搭載しており、吸気・圧縮・燃焼・排気の4つを繰り返すことで動力を生み出しますが、停止状態からエンジンをかけるためには「きっかけ」が必要です。

このきっかけを生み出すのがセルモーターの役割で、セルモーターになんらかのトラブルが発生している場合にはエンジンが始動しません。

お出かけ中に万が一エンジンが動かなくなったときにも適切な対処ができるよう、セルモーターが回らない原因や応急処置の方法を確認しておきましょう。

また、JAFなどのロードサービスでセルモーターの交換を勧められた場合も、業者ごとの費用目安をまとめていますので参考にしてみてください。

セルモーターが回らない原因

セルモーターが回らない原因

セルモーターが回らない原因の多くは「バッテリー上がり」ですが、バッテリーが十分充電されているのにセルモーターが動かない場合にはセルモーター自体や関連する部品が故障しているかもしれません

ここからはセルモーターが動かない原因として考えられる理由をご紹介します。

バッテリーが上がっている

セルモーターは停止中のエンジンを動かすきっかけを作る部品です。

セルモーターを動かすためには、バッテリーからの電力の供給が必要で、完全にバッテリーが上がってしまっている場合はセルモーターも動きません。

車のエンジンがかからない」「セルモーターが回らない」という場合の多くの原因はバッテリー上がりなので、まずは他の車から電力を分けてもらうジャンピングスタートや、バッテリーの充電を試してみましょう。

部品の故障

セルモーターが正常に動く場合、車のキーを回したり、エンジンのスタートボタンを押すと、セルモーター内のマグネットスイッチが動き「カチカチ」という音が鳴ります。

通常、この音のあとに「キュルキュル」とモーターが回転を始めエンジンが始動しますが、バッテリー残量に問題がないのにカチカチ音やモーターの回転音がしない場合は、故障も考えられます。

また一般的な車はイグニッションスイッチを押すことで、バッテリーの電力をセルモーターに伝えますが、イグニッションスイッチ自体や操作を伝える配線に接触不良や断線がある場合にもセルは回りません。

セルモーターが回らないときの応急処置

セルモーターが回らないときの応急処置

セルモーターが回らずエンジンがかからない時はどうすればいいのでしょうか。

ここからは万が一の際の応急処置をご紹介します。

ブースターケーブルで電力供給

セルモーターのトラブルで一番多い原因は「バッテリー上がり」です。

もし周りに協力してくれる車があり、ブースターケーブルの用意ができるのであれば、電力を他の車から供給してもらいエンジンが始動するかを確かめましょう。

十分な電力が確保できればエンジンが始動し、走行が可能になる可能性があります。

ただし、この方法はあくまでも応急処置です。

エンジンを切ってしまえばまた車が動かなくなってしまうため、すぐにディーラーや整備工場でバッテリーの交換をしたり状態の確認をしてもらうようにしてください。

ブースターケーブルはホームセンターやカー用品店で手に入れることができますので、用意しておくと万が一の場合にも安心です。

ロードサービスに連絡

ブースターケーブルが用意できなかったり、電力を供給してもエンジンがかからない場合にはロードサービスに連絡をしましょう。

最近では多くの自動車保険に車のトラブルに対応してくれるロードサービスが付帯されているため、事前に契約内容を確認しておくことをおすすめします。

またロードサービスに連絡をした際も、多くの場合最初におこなうのは「電力の供給」です。

ブースターケーブルを使う場合と同じく、一度エンジンがかかったとしてもまたいつ動かなくなるかわからないため、復旧後はすぐに整備・点検を受けるようにしてください。

JAF等のロードサービスにセルモーター交換の診断を受けたら

JAF等のロードサービスを呼ぶと、セルモーターが原因なのでセルモーターの交換をした方が良いと診断をしてくれる場合もあります。

とはいえ車は自宅まで持ってきてしまった、ここからまたロードサービスでディーラー等に持って行くのはちょっと、、、と悩んでいる方も多いと思います。

そんな方には出張整理のSeibii(セイビー)がおすすめです!
出張修理のSeibiiではプロの整備士がお客様のご自宅まで伺い「セルモーター交換」の作業をします。

そのため、ご自宅で車が動かなくなっている場合でも安心して利用することが可能です。
相談や修理の依頼はいつでも受け付けているため、お気軽にお問い合わせください!

セルモーターの交換をご希望ですか?
Seibiiなら整備士が出張して交換します!しかも他業者と比べて高品質で安価!

Seibiiで整備士に相談する

セルモーターが回らないときに確認する箇所

セルモーターが回らないときに確認する箇所

セルモーターが回らない原因はさまざまで、原因が分かれば適切な対処をしたり、その後の修理もスムーズに進めることができます。

ここからはセルモーターが回らないときに確認しておきたい場所をご紹介。

万が一の際には解説した部分を確認してみましょう。

ヒューズが切れていないかどうか

ヒューズにはセルモーターを回すための電力を届ける役割があります。(過電力時の安全装置の役割もあります。)

車が始動しないけれど、電気はつく」という場合は、どこかでヒューズが断線し必要な電力がセルモーターに届いていない可能性があります。

ヒューズは多くの場合運転席の下とエンジンルームの箱のなかにあるため、疑われるときには確認してみましょう。

ヒューズは自分で交換することもできますが、専門知識がない場合は修理を依頼した方が安心です。

電極が緩んでいないかどうか

始動に必要な電力が供給されない原因として、バッテリーの電極が緩んでしまっていることも考えられます。

バッテリーやヒューズに問題がないのにエンジンがかからない場合は、バッテリーの電極を締め直してみてください。

セルボタンの接触不良

エンジンをかけるためにはスタートボタンを押す必要があります。

ヒューズや電極・バッテリーなどに問題がなかった場合でも、セルボタンの接触不良が原因で必要な電力がセルモーターに届かないケースがあります。

シフトレバーがPのポジションにあり、しっかりとブレーキを踏み込みながらスタートボタンを押しているにも関わらず、始動しない場合は整備工場で点検を受けてください。

エンジンの始動音を確認する

バッテリーやセルモーター、エンジンが正常な場合、スタートボタンを押すと「カチッ」「キュルキュル」「ブーン」という順番で音が鳴りエンジンが始動します。

「カチッ」という音しか鳴らない場合はバッテリーの充電不足、「カチッ」という音もならない場合は、故障や完全にバッテリーが上がっている可能性が考えられます。

エンジン音を確認し、適切な対処をするようにしましょう。

セルモーター交換なら出張整備がおすすめ

バッテリー上がりやセルモーターの故障が原因でエンジンがかからず、応急処置をしても症状が良くならない場合、交換や修理が必要です。

ロードサービスに連絡し、レッカーで移動することもできますが、自分の都合の良い時間帯に対応してもらえなかったり、車を引き取りにいかなければ行けなかったりと手間がかかることも。

できるだけ楽に車の部品の交換や修理がしたい!」という方におすすめなのが出張整備のSeibiiです。

Seibiiなら、スマートフォンやパソコンから予約するだけで資格を持った整備士が自宅まで出張してくれます。

もちろん車の引き取りの必要もありませんので、時間を節約したい方はぜひ参考にしてください。

また、下記に業者ごとの比較表を掲載します。一言に「セルモーターの交換」と言っても車によって部品代と工賃が大きく変わってきますので、今回はおおよその特徴を掲載します。

整備業者 工賃込み価格(税込) 出張可否 対応速度
ディーラー △ ※1 △ ※2
カー用品店(オートバックス、イエローハット等) × △ ※2
整備工場 - × △ ※2
Seibii(セイビー)

※弊社調べ
※1 懇意のお客様の場合出張する場合も有る
※2 車検やその他の作業により整備士の手が空いていない場合がある

ディーラー

ディーラーは基本的に純正品のセルモーターで交換するため、その分料金が比較的高めです。

また、特別な場合を除き出向いての作業もありません。

対応速度も早いとは言えないでしょう。店舗ごとの限られた人員での作業となりますので、車検などの作業が優先されその他の作業は後回しにされるケースが多いです。

とはいえ、対象車種専門の整備士がいますので安心感はあるかと思います。

カー用品店

カー用品店はリビルト品のセルモーターで交換するため、料金は比較的安価です。

しかしながら、ディーラーと同じく出向いての作業はないと言ってよいでしょう。

対応速度もディーラーと同じく車検などの作業が優先されるため、セルモーターの交換は後回しにされるケースが多いです。
車検が忙しい3月などは2週間以上待つと言われたお客様もいらっしゃいました。

整備工場

整備工場は個人で経営しているところも多いため、かなり料金に幅があります。
非常に良心的な価格で対応してくれる工場もありますが、一方で一見さんには少し高めの見積もりを出す工場もあります。

馴染みの整備工場というわけでは無ければ、あまりおすすめではありません。

Seibii(セイビー)

Seibii(セイビー)ではリビルト品(2年間または40,000km保証)を扱っているため比較的価格は安価になっています。

また、出張で「セルモーター交換」の作業をしますので、車が動かない、もしくは動かすことが怖いといった状況では特にSeibii(セイビー)がおすすめです。

加えて全国にSeibii(セイビー)の整備士がいますので、最短翌日、部品をすでに所有している場合だと最短当日の作業も可能です。

まとめ

エンジンが突然かからなくなった場合の多くの原因はバッテリー上がりです。

しかし、バッテリーの充電や救援車を使ったジャンプスタートをしてもエンジンがかからない場合は、セルモーターになんらかの問題が起きているかもしれません。

セルモーターが回らない原因や、応急処置の方法を知っておくことで、万が一の場合に備えましょう。

定期点検をご希望ですか?
Seibiiによる出張修理・出張整備でお金も時間も
節約しましょう!

Seibiiでプロに依頼する
チャットで相談