【テレビキャンセラー】仕組みと取付工賃・業者、取付方法

TVやカーナビを、走行中に見たり操作することはできません。これは安全上の為ですが、助手席・後部座席の同乗者の方が操作したりTVを見るには不便ですね。市販のナビキット(テレビキャンセラーキット)を装着することで、走行中でもナビの操作やTVを見ることが出来る為、取り付けを希望される方が増えております。この記事ではTVキャンセラーの仕組みや、法律(道路交通法)の解説、オートバックスなど業者別の取り付け工賃比較をしました。

ナビの走行中ロックを解除するアイテム「ナビキット(テレビキャンセラー)」

自動車に取り付いているカーナビは、走行中に操作ができない仕組みなっています。これは、走行中にドライバーがナビを操作するのやTVを見るのを防ぐためです。つまり、安全上の為の仕様です。

しかし、助手席や後部座席の同乗者に取っては、走行中にTVが見れなかったり、カーナビの操作ができないのは不便ですよね。

そこで「テレビキャンセラー(テレビキット・ナビキット)」を取り付けることで、カーナビ・テレビのロックを解除し、同乗者が走行中にもナビやTVの操作・視聴が出来るように出来るわけです。

「同乗者向け」前提で合法! 車検と法律を解説

そんな装置をつけるのは違法では?と思われるかもしれませんが、安心してください。TVキャンセラーの取り付け自体は違法行為ではありませんし、「車検」も問題なく通ります。

助手席や後部座席の同乗者が操作や視聴をする分には「安全上」も「法律上」も何の問題も無いからです。

ただし、ドライバーが走行中にTVの視聴やナビの操作を行う行為は言うまでもなく大変危険ですので、辞めましょう!

同乗者向けの商品

テレビキャンセラー・ナビキットは、あくまでもご家族や友人など、同乗者向けの商品であることに注意してください。

ドライバーは、運転中はナビの操作やテレビの注視をしてはいけません。(もちろん停車中はOKです)

改正道路交通法71条による規制

自動車の運転中にカーナビやスマートフォンを操作することは道路交通法で禁止されています。安全や重大事故を防ぐために、当然ですね。

分かりやすく言うと、ドライバーが運転中にカーナビの画面を2秒注視すると違反となってしまいます。その為、純正や市販のカーナビは走行中に操作ができないように、車が走り始めると、運転者が操作やTVが見れないようにロックが掛かる仕様になっているのです。

道路交通法「第71条5の5」「当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。)を通話のために使用し、又は当該自動車に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは第17号または第44条第11号に規定する装置であるものを除く。)に表示された画像を注視しないこと。(一部略)

参考:警察庁HP

ナビが走行中にロックされる仕組み

ところで、カーナビはどうやって、車が走っている時に操作を行えないようにしているのでしょうか?

それは、「クルマが走っているか」「走っていないか」を自動で判断しているからです。
クルマが走っていると判断すると、ナビは層ができないようにロックを掛けます。反対に、クルマが停車中と判断したときは、ロックを解除します。

判断の仕組み2つ

カーナビが走行中かどうか判断する基準は2つあります。この2つをナビは監視しているのです。

  1. 車速
  2. パーキングブレーキ

1. 車速

1つ目は車速を監視しています。車の速度をナビが監視することで車が「走行中」か「停車中」かを判断します。

車は走るとスピードメーターの数値が変わりますよね。このメーターの数字をナビはチェックして、走行中かどうかを判断します。

2.パーキングブレーキ

2つ目はパーキングブレーキです。
パーキングブレーキを掛けると、メーターのところにランプが付くと思います。ナビは、このパーキングブレーキの信号を監視しています。停車中であっても、TVを見るためにはパーキングブレーキを引かないと見れないようになっているのは、このパーキングブレーキ信号をナビが監視しているからです。

テレビキャンセラーの仕組み

それでは、テレビキャンセラー(ナビキット)はどのような仕組みでロックを解除しているのでしょうか。

答えは、上記の「車速信号」と「パーキングブレーキ信号」をカーナビに誤認させるように作られています。ナビに「今パーキングブレーキは作動してますよ!」とか「今クルマは止まってますよ!」とナビに嘘の情報を伝えていると思ってください。

これにより、走行中であってもナビは「今クルマは停車中」と認識して、TV視聴やナビの操作ができるようになるというわけです。

車種によって異なるTVキャンセラー

取り付け可能なテレビキャンセラー(ナビキット)は車種やナビの種類によって変わってきます。また、ディーラーオプションナビやメーカーオプションナビでも取付可能なTVキャンセラーの種類が変わってきます。

おすすめのTVキャンセラー

複数のテレビキャンセラーが販売されていますが、私たちがオススメするブランドは「データシステム社」と「PB社」の製品です。また、国産車・外国車、車種によって適合する製品が異なるので、購入の際はこの点も注意しましょう。

国産車

おすすめのTVキャンセラーキットはデータシステムのものです。
国産車であれば、スズキやダイハツなどの軽自動車から、トヨタ、ホンダ、レクサス、日産と殆ど全てのメーカと車種をカバーしています。

また、オート機能のTVキャンセラーは、自分でスイッチを押さなくても自動で走行中にTVを見ることができます。

外国車

おすすめのTVキャンセラーキットはPB社の製品です。

Audi(アウディ)、BMW、MINI(ミニ)、Mercedes-Benz(メルセデスベンツ)、PORSCHE(ポルシェ)
Volkswagen(フォルクスワーゲン)、VOLVO(ボルボ)、JAGUAR(ジャガー)、LAND-ROVER(ランドローバー)、BENTLEY(ベントレー)と幅広くカバーしています。

テレビキャンセラーの取り付けをしてくれる店舗

便利で取り付けたいテレビキャンセラーですが、取り付けを実施してくれる業者には選択肢がいくつかあります。

  1. 正規ディーラー
  2. カー用品店(オートバックスやイエローハットなど)
  3. 街の整備工場やガレージ
  4. 出張取り付けの(Seibii

業者別:取り付け料金比較

TVキャンセラーの取り付けは、車の内部から電源を取る為に、インナーパネルを外したり専門的な知識と技術が必要です。各々、費用/工賃はどのくらいかかるのでしょうか。比較していきましょう。

正規ディーラー:対応不可

正規ディーラーは、テレビキャンセラーの取り付けには対応してくれないことが殆どです。これは、安全上の配慮の為です。お客様からの要望があった場合、ディーラーによっては外部の専門業社を紹介してくれたり、取り付けに応じてくれることもあるでしょう。個別に確認が必要です。

カー用品店:12,000円〜

オートバックス、イエローハット、ジェームスといったカー用品店の場合、FC経営の為店舗によって異なります。

店舗で商品を購入した場合

上記で説明した通り、車種によって商品が異なることから料金も変わります。オートバックスでCX-5/8などの国産車・最新車種の場合、以下の料金設定になっていました。

  • 商品代金:17,598円
  • 取り付け工賃:8,800円
  • 合計:26,398円

持ち込みの場合

カー用品店は商品を販売するリテールの会社ですので、持ち込みは嫌がります。持ち込みを受け付けてくれる店舗では、以下の料金設定でした。

  • 取り付け工賃:17,600円(国産車前提)

街の整備工場:?

正直ピンキリですのでわかりません。ホームページを持っていない工場も多く、直接問い合わせる必要があります。

出張取り付け業者のSeibii

メカニックが出張でお客様のご自宅や職場にお伺いして作業するSeibii(セイビー )の場合は、出張費や工賃、消費税全て込みで以下の金額で対応しています。費用が固定で車種によって変動しないこと、出かける手間が無い点は魅力です。

国産車

  • TVキャンセラー商品 + 出張取り付け:25,500円
  • 持ち込み(取付のみ):15,400円

外国車

  • TVキャンセラー商品 + 出張取り付け:63,980円
  • 持ち込み(取付のみ):29,980円

Amazonなどにて商品を購入し、Seibiiでお取り付けを行うのが最も安価で便利とも言えますね。

TVキャンセラーの取り付け手順

Seibiiが出張でテレビキャンセラーの取り付けを行う際の一般的な手順は以下の通りです。

TVキャンセラー本体の取り付けは簡単ですが、カーナビを取り外すまでが大変です。インナーパネルやグローブボックスを取り外す必要があるからです。

特に外国車・輸入車や、レクサスなどの高級車になると、一筋縄には行きません。ですので、プロのメカニックに依頼することが確実と言えます。

詳しくは

テレビキャンセラーの取り付け手順

走行中はロックされてしまうカーナビやテレビ。安全運転の為の仕様ですが、助手席や後部座席の同乗者に取っては不便とも言えます。走行中のロックを解除し、運転中も同乗者の方がカーナビやTVを見たり、操作できる便利で人気の商品がテレビキャンセラー。この記事では、TVキャンセラーの取り付け手順を解説します。 ※テレビキャンセラーは同乗者向けの製品で、ドライバーが走行中にナビやTVを2秒以上注視することは改正道路交通法第七十一条の違反となります。

https://seibii.co.jp/blog/contents/how-to-install-tccanceller-exapmle-of-lexus-es

を参考にされてください。

取り付け手順(Lexus-レクサスESのケース)

  1. サイドパネル取り外し
  2. フロントコンソールボックスパフィニッシュパネル取り外し
  3. シフトレバー取り外し
  4. コンソールパネル取り外し
  5. コンソール取り外し
  6. サイドパネル取り外し
  7. グローブボックス下部パネル取り外し
  8. インストルメントパネル左サイド取り外し
  9. インストルメントパネル取り外し
  10. ナビ本体取り外し
  11. TVキャンセラー取り付け
  12. 内装取り付け
  13. カーナビ初期化設定

【PR】 ナビ・TVキャンセラーなら出張取付Seibii(セイビー)

まずはプロに無料相談してみよう

  • カーナビやテレビを走行中に操作・見えるようにしたい
  • 自分の車でデキるのか分からない
  • 外国車・輸入車に対応するキットが分からない
  • 製品の選び方が分からない
  • 費用感が分からない

そんな時は悩まずに、プロに相談するのが1番です。Seibiなら、整備士が無料で「チャット」「LINE」「電話」にて何でもお答えします。お気軽にお問い合わせください。

車の整備・修理・パーツ取り付けの出張サービス

Seibii(セイビー )では、国家資格を有する整備士・メカニックがお客様のご自宅や職場の駐車場にお伺いし、その場でお車の整備、修理、パーツ取り付けを行います。

お車へのドライブレコーダー、ETC、カーナビといった取り付けから、車の故障診断、バッテリー上がり、バッテリー交換、窓ガラスの油膜取りと撥水加工コーティング、タイヤの付け替えと幅広く実施しています。

カー用品店やディーラーと往復する時間を省いて、お客様の趣味や家事などにご活用いただけます。
また、出張なのに、安価で、プロのメカニックが作業することから高品質のサービスを提供しております。

ご利用頂いたお客様の声

お車のことで何かありましたら、是非、お気軽にご連絡ください!

整備士・整備工場の方々へ

また、一緒に働く整備士・メカニック、整備工場やガーレジ経営者の仲間も募集しています!
整備士の未来を作る! お気軽にご連絡ください!