クラッチ - 役割・寿命・交換方法

こんにちは、Seibiiチーフメカニックの杉村です。

Seibiiの出張整備事業で整備カーとして使用している愛車スズキ・エブリイのクラッチ交換を行いました。良い機会なので、クラッチの機能と役割、構造、交換の合図、交換方法について解説します!

※クラッチ交換は分解整備に該当しますが、自動車の使用車本人が分解整備を行う場合には、法律上の制限には該当しません。今回は、私名義の私作業であることを明記させて頂きます。

クラッチ - 機能と役割

マニュアル車の部品

「クラッチ」とは、マニュアル(MT)車にのみ装備されている部品です。近年普及しているクルマは殆どオートマ(AT)車ですので、関係ある方は少ないのが実情です。

教習所で聞いたことある....?

買う・乗る車はオートマ(AT)車でも、免許は「マニュアル」で取得される方多いですよね。その際に、習得に苦労する「半クラ」。その「クラ」が「クラッチ」です。

エンジン動力を車輪に伝える伝達装置

クラッチは、マニュアル車のエンジンとトランスミッションの間に入っています。主に、エンジンからの動力をトランスミッションを経由して車輪に伝えたり、シフト・ギア・車速を変える際に動力を一時的に遮断する部品で「動力伝達装置」とも呼ばれます。

クラッチを踏むタイミングを思い出してください。「ギア・シフトを変える時」ですね。

停止状態のマニュアル車でクラッチを踏んだままギアを1速に入れ、アクセルペダルを踏むとエンジンの回転数が上がりますが、タイヤは動きません。これは、エンジンの動力がミッションへ伝わらないようにクラッチが遮断している為です。

この状態でクラッチを一気に離すと、エンジンの回転数(高)に対してタイヤの回転数0となり回転差が大きすぎる為、安全の為「エンスト」させる仕組みになっています。

ここでクラッチ(半クラッチ)を使い徐々にエンジンの回転数をタイヤに伝えることによりエンジン側とタイヤ(ミッション)側の回転数を同調させます。これによりエンジンからの動力がミッション、タイヤへ伝わり車が動くと言うことです。

つまりは回転数の調整を担う部品と言うことですね。

クラッチの構造

クラッチは主にエンジン側から以下3つの円盤状の部品で構成されています。

  1. フライホイール
  2. クラッチディスク(クラッチプレート)
  3. クラッチカバー

フライホイールはエンジンと直接繋がっており、クラッチカバーのダイヤフラムスプリングでクラッチディスクを動かし動力の伝達を行います。

この3つの部品で「ひとまとめ」と言っても良いかもしれません。

ats-clutch-parts-06

画像引用元:Active Traction Service

ちなみに、ダイヤフラムスプリングを直接動かしている部品をレリーズベアリングと言い、一般的にクラッチ交換をする際には、クラッチディスク、クラッチカバー、レリーズベアリングの3つを変える事が多いです。

クラッチは消耗品 - 寿命と交換タイミング

クラッチは、エンジンとミッションの間を物理的に繋いでいます。それらが接続・回転することで動力を伝えていますから、使用に応じて摩耗・消耗していきます。つまりクラッチは消耗品で交換が必要な部品です。

交換の合図

クラッチ(摩擦材)の摩耗が進むと、アクセル(エンジンの回転数)とスピード(タイヤ回転)が一致しなくなっていきます。アクセルを踏み込んでいるのに、いつもよりスピードが出てこない、などの症状です。これを「クラッチが滑る」と言ったりします。

これは、クラッチの交換時期が訪れた合図です。

乗り方によって変わる寿命

「半クラッチ(「クラッチを滑らせる」とも言います)」が最もクラッチを消耗させる動作です。エンジンの回転数とタイヤの回転数に差が生まれる時に「半クラッチ」を使用して、徐々に回転スピードを合わせていくので、クラッチに物理的な負荷が掛かるのです。

ところで半クラッチは「上手な方」と「苦手な方」がいますね。動作が苦手でスムースにシフトチェンジをできない、スピード加減速が多い運転をする為、半クラッチを多用する。このような差により、ドライバーによってクラッチの消耗スピードが異なってきます。

早い人だと2-30,000km、遅い人だと100,000kmで交換が必要となります。

クラッチの交換手順

リフトは自宅にありません!ので、ジャッキ&ウマで作業です。順番に解説していきます。

ステップ1. バッテリーのマイナス端子を外す

作業の安全の為、最初にバッテリーの「マイナス端子」を外します。「プラス」ではなく「マイナス」です。これはバッテリー交換の場合や、バッテリーが上がってしまいジャンピングスタートする場合も一緒で、作業中にショートを起こさない為です。(詳しくは

正しいバッテリー交換の方法

自分でバッテリー交換をする方も多くいますが、プロの整備士が確認すると、正しく取り付けられていないことが多々あります。バッテリー交換は決して難しい作業ではありませんが、気を付けるポイントがいくつかあります。実際、車のバッテリー交換は、端子を取り外す順番などを間違えると、ショートを起こす危険な作業です。そこで、バッテリーの正しい取り付け手順と作業ごとの注意点を纏めました。

https://seibii.co.jp/blog/contents/how-to-change-car-battery-properly/

クルマのバッテリーが上がった! その原因と復旧方法

油断すると発生するクルマのバッテリー上がり。焦るし、不安だし、困りますよね。この記事では1)バッテリー上がりが発生する原因 2)カーバッテリーの役割と充放電の仕組み 3)バッテリー上がりの直し方 - 救援・ジャンピングスタート 4)救援業者 5)ハイブリットカーのバッテリー上がり対処法 6)バッテリー上がり処置後の対応などについて解説します。

https://seibii.co.jp/blog/contents/car_battery_jump_start/

を参照ください。)

車のボディはマイナス

車は、バッテリーと接続されると、ボディの金属部分はマイナスになっています。誤ってプラス端子から取り外そうとして、そのねじを緩めている工具等が車の金属に触れた瞬間にショートしてしまいます。実際、素人のこのミスは多いのですが、バッテリーを取り外す際には「マイナス端子から」が鉄則です。

ステップ2. ジャッキアップ

4輪全てジャッキアップしてウマをかけます。

ステップ3. ミッションと周辺部品取り外し

さて、それではミッションの周りに付いている以下の部品を外し、ミッションの周りを何もついていない状態にします。

  • シフトワイヤー×2
  • スターター
  • コネクター×2
  • クラッチワイヤー
  • カバー

ステップ4. ミッション切り離し

次にプロペラシャフトをマーキングしてミッションから切り離します。

プロペラシャフトを抜いた時にミッションオイルが垂れてくるので、オイルがこぼれても良いようにウエスを巻きます。
また、プロペラシャフトのミッションに刺さっているシャフトにキズが付かないようにこちらにもウエスを巻き保護します。

軽自動車で縦置きなのでかなり作業がしやすいですね(笑)

Seibii_ミッション交換

ミッションとエンジンを止めているボルト2本とナット2つを外します。
これらを外したら、ミッションマウントのボルトナットを外してフリーにします。

マウントを外してミッションがフリーになったらミッションとエンジンを切り離します。12mm、14mm、17mmのボルトを外してミッションとエンジンを切り離します。

ボルトを取り外してもミッションがエンジンに張り付いて外れ場合がありますが、そんなときはマイナスドライバーやバールなどでこじってミッションを切り離します。

普通ならジャッキやミッションジャッキを使って降ろしていくのですが、今回は軽いので筋肉ジャッキです(笑)
これでミッションが降りたのでクラッチカバーとご対面です。ここからは順序よく行きましょう。

  1. 12ミリのボルト6本外し、カバーとディスクを外す
  2. ミッション側にあるレリーズベアリングを交換
  3. エンジン側にあるパイロットベアリングを交換

Seibii_ミッション交換

ステップ5. 取り付け

  1. 一度新品のディスクとカバーを仮止めし、センター出しを行う(これをやらないとミッションがちゃんと付きません・・・今回は1回でスポンと入りました笑)
  2. センターが出たら、クラッチディスクを本締めします。その際、ボルトは対角線上に締め付けていきます。
  3. シャフトとレリーズベアリングの可動部分にグリスを塗布します。
  4. 筋肉ジャッキでミッションとエンジンを結合します
  5. 後は外した逆の手順で取付けていきます。

ステップ6. 試乗

最後に試乗して、クラッチ動作に問題なければこれにて作業完了です。

一般の方はプロの整備士に頼むのが安全!

文章にすると簡単そうに見えますが、知識と経験がないと、非常に危険な作業です。

愛車のクラッチ交換をDIY作業する際は、くれぐれも細心の注意を払いましょう。

基本的にはプロのメカニックに任せることを強く推奨します。