【2020年2月号】車の整備・修理・アフターマーケット業界月報

車の整備・修理業界の市況を紐解くにあたり、JAFが公開する「ロードサービス救援統計」、カー用品販売最大手のオートバックスが公開する「月次売上速報」は大変参考になります。2020年2月の概況に関し、纏めました。

2020年2月概況

全国的な暖冬・降雪不足が車の整備・修理業界にも影響した月でした。ロードサービス・救援関連では、昨年同月比で件数が増加、カー用品関連では、新型コロナの影響本格化前である2020年2月、ウェットティッシュなどのウイルス予防関連カー用品が前年比で多く販売されています。

2020年2月新車販売台数トップ5

  1. N-BOX(ホンダ):19,177台
  2. デイズ(日産):15,494台
  3. タント(ダイハツ):14,496台
  4. スペーシア(スズキ):13,945台
  5. ムーヴ(ダイハツ):11,570台

バッテリー上がり(過放電)

  • 全国のバッテリー上がり件数:63,544件
  • 2020年1月比:▲3.98%
  • 2019年2月比:+2.58%

件数前提

  • JAFの実施件数
  • 一般道路のみ(高速道路を除く) バッテリー上がり件数推移

タイヤのパンク・バースト・エア不足

  • 全国のタイヤのパンク・バースト件数:27,413件
  • 2020年1月比:▲5.14%
  • 2019年2月比:+2.39%

件数前提

  • JAFの実施件数
  • 一般道路のみ(高速道路を除く) タイヤのパンク・バースト・エア不足件数推移

バッテリーの劣化・破損(要バッテリー交換)

  • 全国のバッテリ−劣化・破損件数:11,663件
  • 2020年1月比:▲10.24%
  • 2019年2月比:+30.56%

オートバックスのバッテリー販売売上

バッテリーの劣化・破損はバッテリー交換が必須です。従い、新品バッテリーの売上と連動します。
2020年2月比で「+11.8%」と大幅に上回りました。特にアイドリングストップ車用バッテリーが好調。

(参考)2019年10-12月のバッテリー売上

  • 28億97百万円

件数前提

  • JAFの実施件数
  • 一般道路のみ(高速道路を除く) バッテリーの劣化・破損件数推移

オルタネーター・ダイナモ故障

バッテリー上がりの主要原因の1つであるオルタネーター(発電機)の故障です。

  • 全国のオルタネーター・ダイナモ故障件数:2,341件
  • 2020年1月比:▲15.27%
  • 2019年2月比:+5.59%です。

件数前提

  • JAFの実施件数
  • 一般道路のみ(高速道路を除く) オルタネーター・ダイナモ故障件数推移

スターター・セルモーター故障

  • 全国のスターター・セルモーター故障件数:18,85件
  • 2019年2月比:+0.05%
  • 2020年1月比:スターター・セルモーター故障件数はJAFの救援品目Top10に入らなかった為、比較ができませんでした。

件数前提

  • JAFの実施件数
  • 一般道路のみ(高速道路を除く) スターター・セルモーター故障件数推移

スパークプラグ故障

  • 全国のスパークプラグ故障件数:2,469件
  • 2020年1月比:▲35.30%
  • 2019年2月比:▲0.20%

件数前提

  • JAFの実施件数
  • 一般道路のみ(高速道路を除く) スパークプラグ故障件数推移

タイヤ・関連用品販売状況

  • 暖冬、降雪不足が原因となり、スタッドレスタイヤ、チェーンなどの冬季用品が販売不振
  • タイヤの販売量は2019年2月比で▲5.26%

(参考)2019年10-12月の売上

  • 174億51百万円(タイヤ)
  • 34億9百万円(ホイール)

前提

  • オートバックスの店舗売上

ドライブレコーダー販売状況

  • カーアクセサリー・用品売上を牽引してきたドライブレコーダーは前年割れ
  • カーナビゲーション販売の低調継続
  • カーエレクトロニクス全体で、2019年2月比▲8.9%

(参考)2019年10-12月の売上

  • 94億61百万円(カーエレクトロニクス全体)

前提

  • オートバックスの店舗売上

エンジンオイル販売・交換状況

  • エンジンオイルの販売量は2019年2月比+8.9%と好調を維持。
  • オイル交換工賃も好調。

(参考)2019年10-12月の売上

  • 33億48百万円(オイル販売のみ、交換工賃含まず)

前提

  • オートバックスの店舗売上

参照サイト

この記事は以下2つの情報を基に作成しています。この場を借りて、情報公開に感謝申し上げます。